当院の特徴

“見えない” “目立たない” 治療への取り組み

現在矯正歯科治療に興味を抱いておられる方の最大の心配事項として、やはり矯正装置が目立つのが嫌ということがあると思います。

その様な方の場合、なるべく目立たない装置、または見えにくい舌側矯正装置を使用することが出来ます。具体的には金属色ではない透明ブラケットや、銀色でないホワイトワイヤー(金属に着色しているため、治療の過程ではがれる場合もあります)、表側につけない裏側の舌側矯正ブラケットなどがあります。


より正確で的確な診断のために~歯科用デジタルX線CTの採用~

3次元画像での撮影が可能。
歯科用デジタルX線CTを使用しております。

NAOMI-CTの実物写真

歯科用デジタルX線CT

歯科用3次元CTは従来の2次元レントゲン画像では比べ、立体的に口腔内の状況を詳細に把握することが可能で、歯の土台である歯槽骨形態、歯周病による骨への影響、過剰歯や親知らずの位置・方向の状態、顎関節の状態、歯根の膿、腫れや炎症、神経の走行位置等々の情報を得ることができます。

今まで見えなかった、もしくは見えにくかった箇所が詳細に把握することが可能となり、より的確な診断が行えるようになりました。

CTスキャン画像

抜歯か非抜歯か

よく相談されることとして、”歯を抜かないで治療して欲しい”と言われることがあります。

もちろん抜かないで治療することが可能であれば、抜かないで進めますが、明らかに歯を抜かなければ治療できな場合(例えば重度なガタガタや前歯をしっかりと後退させる必要のある出っ歯)も多々あります。

こういった方に対し、歯を抜かずに無理やり並べると、咬み合わせが矯正前より狂ったり、口元がより出っ歯になり口を閉める事も出来なくなったり、装置を外した後すぐに元のガタガタに戻ってきてしまうなどのリスクを生じることとなります。

当院では多くの検査とそれに基づいた診断により、抜歯・非抜歯の判定を行っております。

健康保険による矯正治療

矯正治療は保険が利かない自費診療のみと思われている方が多いのですが、都道府県による認可を必要とする自立支援指定医療機関・顎口腔機能診断医療施設では厚生労働省の認める疾患(顎切を必要とする顎変形症・口蓋裂・Down症etc…)には装置代から手術・入院まで全ての期間で健康保険が適用されます。

歯が並ぶ土台(上顎骨と下顎骨)のズレによる咬み合わせ不全や、顎が出ている・曲がっていることでお悩みの方は、自立支援指定医療機関・顎口腔機能診断医療施設である矯正歯科医院での相談をおすすめいたします。