症例紹介

出っ歯と咬みあわせが深いため下の前歯が上の歯茎に当たって痛い(16歳女性)

16歳の女性で、“出っ歯と咬みあわせが深いため下の前歯が上の歯茎に当たって痛い”との主訴で来院されました。

上顎の左右小臼歯2本を抜歯して治療を行いました。

2年1ヶ月で矯正装置を外し、保定装置に移行しました。

治療前

治療中期

治療後(2年1ヶ月)