症例紹介

受け口と凸凹の歯が気になる (9歳女の子)

9歳の女の子で、 “受け口と凸凹の歯が気になる ” との主訴で来院されました。

上顎骨の劣成長が原因の骨格性反対咬合であったため、まず第一期矯正治療で顎骨の成長コントロールと永久歯への生え変わりの管理を3年5ヶ月行いました。

その後、仕上げの第二期矯正治療で上下左右の小臼歯を4本抜歯し、口唇閉鎖不全の改善と咬み合わせの緊密化を行う治療を1年6ヶ月行いました。

この様に成長コントロールを行う第一期矯正治療と仕上げの第二期矯正治療を行う場合、長期に及ぶ治療が必要となりますが、成長をうまく利用することにより、

側貌の著明な改善や、顎骨を切る外科的処置を避けて治療できる可能性が高くなります。

治療前

治療中期

治療後(4年11ヶ月)