症例紹介

咬みあわせが逆で咬みづらい、サ行の発音がしづらい(37歳女性)

37歳の女性で、“咬みあわせが逆で咬みづらい、サ行の発音がしづらい”との主訴で来院されました。

上顎前歯が内側に倒れていることが主な原因であったため、上顎前歯を前方に拡大し、非抜歯にて治療を行いました。

1年7ヶ月で矯正装置を外し、保定装置に移行しました。

治療前は下あごが出ていましたが、咬みあわせの改善と共に下あごは後退し、横顔もすっきりしました。

治療前

治療中期

治療後(1年7ヶ月)