症例紹介

下あごが出ている、咬みあわせが逆で咬みづらい(24歳女性)

24歳 女性

主訴「下あごが出ている、咬みあわせが逆で咬みづらい」

診断「下顎骨の過成長による骨格性反対咬合症例」

上あごより下あごが大きく前方に出ていることが原因の骨格性反対咬合であるため、外科手術併用の矯正治療を計画しました。上顎左右第一小臼歯と下顎左右埋伏智歯(親知らず)を抜歯してマルチブラケット装置による矯正を行い、下あごを後退させる手術(下顎枝矢状分割術)を口腔外科にて行いました。治療期間は1年11か月でした。
しかしながら、患者さんの協力性(特に顎間ゴム使用時)や歯の動き方には個人差があります。そのため、予想された治療期間が延長することや、必要に応じて歯科矯正用アンカースクリューの使用を選択せざる負えないことがあります。また外科手術による口唇周囲の知覚麻痺や痺れ(個人差はありますが1~2年で徐々に改善します)等が生じることがあります。歯根吸収や骨吸収・歯肉退縮等のリスクはどのような症例・状態においてもあります。
治療の費用は保険適応となりますので、矯正歯科でかかる費用は3割負担でおよそ26万円くらいです。

治療前

治療後(1年11ヶ月)