症例紹介

ガタガタの歯並び・真ん中のズレ・犬歯の生える隙間が無い(12歳男の子)

12歳 男性

主訴「ガタガタの歯並び・真ん中のズレ・犬歯の生える隙間が無い」

診断「上顎歯列弓の狭窄および上顎臼歯の近心(前方)位による叢生症例」

患者さんはまだ成長期であったため、まずヘッドギアーによる上下顎骨の成長コントロールを行いながら、2×4という装置で右側犬歯の生える隙間を作っていきました。成長が落ち着き、ある程度生え変わりが終わったタイミングで、マルチブラケット装置による仕上げの治療を行いました。治療期間は3年2か月でした。永久歯の抜歯は行っておりません(非抜歯)。
しかしながら、患者さんの協力性(特に顎間ゴム使用時)や歯の動き方には個人差があります。そのため、予想された治療期間が延長することや、必要に応じて小臼歯抜歯や歯科矯正用アンカースクリューの使用を選択せざる負えないことがあります。また歯根吸収や骨吸収・歯肉退縮等のリスクはどのような症例・状態においてもあります。
治療の費用は、検査診断料・装置料・毎回の調節料を合わせると、およそ85万円くらいです。

治療前

治療中期

治療後(3年2ヶ月)