見えない・目立たない治療


見えない舌側矯正

セルフライゲーションブラケット装置(クリッピーL)の写真

近年における矯正装置の進歩は目覚しく、見た目に関しても一昔前の装置と比較すると、ずっと小さく、目立たなくなりました。しかし歯の表面につける方法ではいくら目立たなくなったとは言え、完全に見えないわけではありません。

「矯正治療を受けたいが、装置が見えるのがイヤ」、「人知れず矯正治療を受けたい」といった方には歯の裏側に装置をつける舌側(ぜっそく)矯正装置というのがあります。

舌側矯正装置には多くの種類がありますが、最近の主流はセルフライゲーションブラケット装置(写真はクリッピーL)というワイヤーとブラケットの摩擦抵抗が小さくなるものがあります。この構造により、ワイヤーにそって歯が滑るように迅速かつ効率的に移動します。よって従来のようにワイヤーをきつく固定する方法にくらべると治療期間が短縮する効果も期待されます。また細くやわらかい形状記憶ワイヤーを使用し、きつく固定しませんので、歯の移動による痛みが軽減されるとも言われています。

<デメリットについて>
舌側矯正装置には見えないという最大のメリットがありますが、デメリットもあります。例えば、話す時に舌が当たり上手くしゃべることが出来なくなる発音障害(個人差はありますが、大体1~2か月で慣れる方が多いようです)や、舌に傷が付き易い、ブラッシングがしづらい、等々ございますので、ご心配の方は、事前に担当医やスタッフにしっかりと相談されることをお勧めします。

目立たない矯正

矯正装置のイメージとして、ギラギラした金属製のブラケットを思い浮かべる方が多いと思いますが、最近は透明もしくは歯に近い色のブラケットが普及しております。

また、歯をきれいに動かすワイヤーも従来の銀色のワイヤーだけで無く、歯の色に近い色でコーティングされたワイヤー(ブラッシングの仕方や、長期使用によってコーティングが剝がれることがあります)もありますので、より目立たない矯正治療が可能となりました。

金属ブラケット装着時の写真

金属ブラケット

透明ブラケット&ホワイトコーティングワイヤー、同時装着時の写真

透明ブラケット&ホワイトコーティングワイヤー

保定装置(後戻りを防止する装置)

保定装置とはブラケットを外した後の後戻りを防ぎ、綺麗な状態に保つための装置です。保定装置にも色々な種類があり、ワイヤーを使用する目立つものや、目立たない透明なマウスピース型などがあります。

表側にワイヤーがある保定装置の写真
表側にワイヤーがある保定装置
目立たない透明なマウスピース型保定装置の写真
目立たない透明なマウスピース型保定装置

インビザライン

透明なマウスピース(インビザライン・アライナー)を使用する最先端矯正治療です。3Dコンピューター画像技術により、患者さんの症例に合わせてオーダーメイドされます。

透明なプラスチック製なので、治療中であっても目立ちませんし、取り外しが可能でとても衛生的です。金属アレルギーをお持ちの方でも安心して治療を受けられます。

治療の進行状況に合わせてアライナーを順次交換(約2週間ごと)することにより、理想の歯並びへと矯正していきます。

インビザラインで理想の歯並びと笑顔を手に入れてみませんか?

インビザライン・アライナーの実物写真

インビザライン・アライナー

従来の矯正器具とインビザラインの比較写真

従来の矯正器具/インビザライン

症例1

使用されたインビザライン・アライナー数:19個

治療前の写真(歯と歯の隙間)

歯と歯の隙間

治療開始から9ヶ月後の写真

9ヶ月後

症例2

使用されたインビザライン・アライナー数:14個

治療前の写真(でこぼこした歯並び)

でこぼこした歯並び

治療開始から7ヶ月後の写真

7ヶ月後

  • ※治療期間および使用されるインビザライン・アライナー数は症例により異なります。
  • ※症状によってはワイヤー器具を用いる場合がございます。詳しくは医師とご相談ください。