矯正が必要な歯並び 顎のゆがみが大きい不正咬合(外科的矯正治療を併用)

歯が並ぶ土台であるアゴ(顎骨)のゆがみ・ズレが大きい不正咬合(骨格性の反対咬合、上顎前突、開咬等)には矯正治療だけでは治らないものもあります。

このような場合、外科的な治療を併用しますが、手術は口の中から行いますので顔に傷は残りません。歯並びと共に、顔の輪郭も改善いたします。


  1. 骨格性反対咬合 治療前(下アゴの前へのズレ)

    前からの写真
    横からの写真
    横顔の写真

    下あごの過成長により、咬み合わせが完全に逆になっています。

    ガタガタも強く、前歯で食べ物をうまく噛み切ることができません。

    また、発音もうまくできません。

  2. 骨格性反対咬合 治療後

    前からの写真
    横からの写真
    横顔の写真

    矯正治療にて歯を並べた後、下あごを外科的に後方に下げました。

    前歯でしっかり噛めるようになり、また歯も磨きやすくなったと大変お喜びになっておりました。


  1. 骨格性左側交叉咬合 治療前(下アゴの左方へのズレ)

    前からの写真
    横からの写真
    正面の写真

    下アゴの左方へのズレにより、かみ合わせもズレています(矢印は上アゴと下アゴの真ん中を示しています)。当然横のかみ合わせもズレてしまい、しっかりとかんでいません。

    正面の写真を見ると、下アゴも左にゆがんでいます。

  2. 骨格性左側交叉咬合 治療後

    前からの写真
    横からの写真
    正面の写真

    矯正治療と外科的治療を行うことにより、かみ合わせと顔のゆがみは改善しました。

    正面の写真を見ると、下アゴのゆがみも治りました。